豊胸手術に永久性はありません。

豊胸手術は永久ではない!?

豊胸手術と聞くと、胸にバッグを入れたりして一度入れれば永久に胸が大きいままだと考える人がいます。

 

確かに、医療技術は進歩しているので、近未来には、豊胸手術をすれば永久に胸が大きいままかも知れません。

 

しかし、現在の豊胸手術では、中々そうはいきません。

 

豊胸手術の永久性はないと考えた方がよいでしょう。

 

 

豊胸手術には寿命がある?

 

豊胸手術と言うと、シリコンバッグが一番有名な手法です。

 

まあ、発がん性など様々な問題を指摘される方法でもあります。

 

しかし、シリコンバッグで豊胸手術する時に、どれだけ保障されているか確認してみてください。

 

大体、10年位の保証が多いでしょう。

 

保障してくれる期間は10年なので永久性にも疑問があります。

 

他にも、脂肪注入という方法もあります。

 

バストに脂肪を注入することで、胸を大きくする方法です。

 

この方法も多くの脂肪が時間と共に体内へ吸収されてしまうので、結局は元の胸に戻ります。

 

ヒアルロン注射であっても同じです。

 

このようにクリニックなどで行う豊胸手術と言っても、永久性はないのが普通です。

 

 

豊胸手術はデメリットの方が多い?

 

永久性とは、関係ありませんが、豊胸手術で不便なことを紹介します。

 

女性の方では、乳がん検診を行う人も少なくありません。

 

乳がん検診を行う際に、胸にシリコンパッドが入っている場合は自己申告が必要です。

 

他にも、女性であれば出産して授乳したりもします。

 

その時に、シリコンバッグやヒアルロン注射などがたんまり入っているような胸では心配ではないでしょうか?

 

これを考えると、豊胸手術はメリットよりもデメリットの方が多く感じます。

 

最近では、医学の進歩により効率よく健康にバストアップする方法が分かってきました。

 

高額な豊胸手術をするよりは、毎日の手間は掛かりますが、健康的なバストアップをした方がよいでしょう。

 


 

本当にバストアップが成功する方法を知りたい

今度こそ胸を大きくしたい

そのような方はこちらをお勧めします。

日本で屈指の専門家が教えてくれるバストアップ方法です

当サイトでもお勧めしている方法となります。

当サイトお勧めのバストアップ方法はこちらから