太ってるのに胸が小さい

太っているのに胸が小さい方へ

太っているのに胸が小さいと悩んでいる女性は多いものです。

 

一般的には、太っていればそれだけ、体に脂肪を多く蓄えることになります。

 

太るに比例して胸が大きくなるのが一般的です。

 

それに対して、太ってるのに胸が小さいのは最悪のパターンだと感じる女性も多いと言えます。

 

しかし、このような体型になってしまうのも、もちろん原因があるのです。

 

 

太ってるのに貧乳になるのは血流の流れが悪いから

 

太っているのに、貧乳になってしまう原因は2つあります。

 

一つ目の原因は、体のリンパの流れが悪いからです。

 

もう一つが腸内環境が悪いことが原因と言えます。

 

 

リンパの流れが悪いと貧乳になるの?

 

リンパの流れが悪いと貧乳になります。

 

何故なら、リンパの流れが悪いと老廃物をきちんと体の外に出すことが出来ないからです。

 

バストが大きい方は小さい方に比べて、乳腺が発達しています。

 

しかし、リンパの流れが悪いと乳腺まで栄養が届かないため、乳腺が発達しません。

 

付くべき場所に脂肪が付かないということです。

 

変わりにお腹や二の腕などバストアップに関係のない部分に脂肪が付いてしまいます。

 

このリンパの流れの悪さが太っているのに胸が小さい現象を引き起こすのです。

 

 

リンパの流れを良くするには?

 

リンパの流れをよくするには、マッサージをしたり適度な運動をしましょう。

 

もちろん、リンパの流れをよくするマッサージ方を憶える必要があります。

 

あと、運動についても適度な運動であれば、血流などもよくなるでしょう。

 

さらに、運動やマッサージにはストレス発散の意味もあります。

 

ストレスが発散されれば、女性ホルモンの分泌が活発になるので、バストアップしやすい体質になるわけです。

 

 

腸内環境が悪いと貧乳になる?

 

腸内環境が悪くなっても、貧乳になります。

 

腸内でガスや老廃物が長期間に分かって存在することになるからです。

 

長期間にわたり老廃物が腸の中にあると、腸壁から老廃物を吸収してしまいます。

 

老廃物が全身を駆け巡ってしまうと、代謝も下がってしまうのです。

 

結果として、リンパの流れも悪くなり、本来、溜まってはいけない場所に脂肪が溜まってしまいます。

 

腸内環境の悪さも太ってるの胸が小さい現象を引き起こすのです。

 

 

腸内環境を改善するには?

 

腸内環境を改善するには、食物繊維や酵素などを摂取するようにしてください。

 

人によって、便秘になる理由は違います。

 

脂質ばっかり取っていても、便秘になるでしょう。

 

便秘にならない生活をするべきです。

 

尚、腸内環境の改善のために、朝一杯の水を飲むことや寝る前に水を飲まないことなども行った方がよいでしょう。

 

太っているのに胸が小さいのも原因があるので、原因を改善する事が大事です。

 

まずは、出来ることから始めましょう。

 


 

本当にバストアップが成功する方法を知りたい

今度こそ胸を大きくしたい

そのような方はこちらをお勧めします。

日本で屈指の専門家が教えてくれるバストアップ方法です

当サイトでもお勧めしている方法となります。

当サイトお勧めのバストアップ方法はこちらから